安倍氏・高市氏ら猛反発!佐渡金山の世界遺産推薦見送り 「日本には後ろめたいことがある」世界に間違った印象も 「岸田政権は韓国の術中にハマった」識者

お~~~~~い吉田茂の孫ーー       お前さんがきちんと河野太郎を押さんかったからこういう事になちまったのだーー    岸田がこうもダメダメダメ首相だとは思わなかったわ~~             開成高校出身者を探している←これを読み呆れてきたわ~~~            開成高校出身者って勉強は出来るが社会的には落ちこぼれの多いとちゃうの!     岸田は開成高校出身者たちに何を求めているの?                  仕事が全く出来ないから開成高校出身者たちに後始末をやってもらおうと考えているに違いない。。。           岸田のブレーンも開成高校出身者らしいなー                   開成高校なんかぶっ壊してしまえ!!!と思ってしまう。             岸田に忖度をするよりも、日本の得策を考えろーー                勉強は出来るが社会的な仕事が出来ない連中が多いのかもしれない。。       でもこういう頭が良い連中は虚栄心は強いし、嘘が上手いし、ずる賢いのが多いときている。                        東海高校基地外さんが東大近くで殺傷をしたが、開成高校在学の当時の学生が祖母を殺した事件もあったんとちゃうの ?   進学高校の開成高校もそういう事件には負けていないぞーー!!          どういう教育をしているの?問いたいわ。。

 

 

 

 

 

安倍氏高市氏ら猛反発!佐渡金山の世界遺産推薦見送り 「日本には後ろめたいことがある」世界に間違った印象も 「岸田政権は韓国の術中にハマった」識者

配信

コメント887件
  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
夕刊フジ

佐渡島佐渡金山・道遊の割戸 安倍氏(左)と高市氏は推薦見送り方針に反発している

首相、野党に隙与えず 国会論戦スタート←これを書いた記者は開成高校出身者でちゅか?

この記事を書いた方も開成高校出身者?     スガよりも政治能力が無いのに岸田はどういう訳かスガのように叩かれないのは開成高校出身者たちのお蔭?        3回目というけど、私の住んでいる所は3回目の3も出てこない。。。         マスゴミもどういう訳かそういうところを全く突っつかないのだ。。         岸田やブレーンは3回目ワクチンを前倒しでやると言っているが、目立つ場所だけは3回目のワクチンをやっているが、その他の場所は全く3回目のワクチンなんか始まっていないぞーー!!!             開成高校出身者さん!!!          頭が良いのだから、岸田にヨイショは止めてくれーー!!!            日本が良くなるように岸田に忠告をしてくれーー!!!              岸田という人は小泉純一郎石原慎太郎小池百合子や石破みたいで同類みたい。  口が上手いが、日本を駄目にするのが得意な人達・・・              ただ、今の与党も野党の政治家どもは屑のような自己中心で保身で欲どしい輩ばかりで、日本はどうなるのかと危惧をしている。                  今年は農作物は不作らしい・・・    来年はもっと不作になるようだ。      小麦とか大豆などの確保は今から交渉をして確保をしろーーーー           日本の与野党のバカ政治家達は自分の票の事や懐に入れる金の勘定ばかりしてけつかっているから、中国に全部取られてしまうわ!!!!      

 

 

 

 

首相、野党に隙与えず 国会論戦スタート

配信

コメント14件
  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
産経新聞
 

安倍元首相が露骨な反撃!岸田首相の目玉政策に文句ブーブー「理解してる人はほとんどいないでしょ」←安倍を何としてでも悪役にしたい岸田と開成高校出身者たち

安倍をどうしても悪役にしたい開成高校出身者たち。。             ヒールが必要みたいだね。。。             岸田が開成高校出身者をリストアップをして自分の味方にさせようとしているという記事にこの岸田という輩が大嫌いになった。                  こいつは小池百合子と同じでのらりくらりと的を外した答弁をして馬鹿記者やバカ国民を煙に巻いている。            重要な局面になると小池百合子は答弁が何を言っているのか判らなくなり、政府に丸投げする。               それが通用をしないと病気になるようだ。   なんだか岸田を見ていると小池百合子ろダブって見えるわ~~

 

 

 

 

安倍元首相が露骨な反撃!岸田首相の目玉政策に文句ブーブー「理解してる人はほとんどいないでしょ」

配信

コメント182件
  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

イライラMAX(安倍元首相)/(C)日刊ゲンダイ

機内での無謀な行為にカナダ航空3社がツアー客の搭乗を拒否 トルドー首相は「愚か者」と激怒←日本の航空会社が同じ事をすれば、知識人や市民団体や立憲民主党や田島陽子見たな人達が猛批判や猛攻撃をすると思う

こういう事を日本人が他国でやって、日本の航空会社が拒否などをすると、知識者と言われる変な人達や、市民団体や立憲民主党の皆さんや公明党自民党の1部や売国奴マスゴミがこぞって航空会社を猛猛猛攻撃をしたり、猛猛猛批判をするのが目に見えているわ~~~            東京都でも色んな箇所で酒ビンを回し飲みをしていたのをテレビで何度も見た事がある。                 こういうのは犯罪か犯罪に極々近いので刑罰に処すか、罰金50万円などを取るのが1番効き目があるので法律を作って、取りしまって欲しい!!!!         

 

 

 

機内での無謀な行為にカナダ航空3社がツアー客の搭乗を拒否 トルドー首相は「愚か者」と激怒

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポニチアネックス

身勝手なカナダ国民のメキシコ旅行に激怒したカナダのトルドー首相(AP)

丸山穂高氏がCLP問題に言及「正月早々、立憲のブーメランが多すぎ」←叩けば他にも貰っている奴らが出てくるかも。

この1千万円がどこから経由したのか調べるべきだ。。               お隣のK国、痰壺国経由もあり得る。    個人にも渡しているんじゃないの。     お金に汚なさそうな玉○わなんか貰っていそうだし、地方のテレビ局の情報番組の頭の悪いアナウンサー達にも渡っていそう。     さもしい、意地汚い大学教授の面々にも渡っていそう。                ヤクザ顔負けの詐欺師面の山口痔ろう氏も貰っていそう・・・・          最近は非常におとなしくなったが、ダイヤモンドプリンセス号のコロナ問題の時に政府と厚労省を口汚く罵っていた大谷という医師も怪しい。。。           叩けばもっと出てくると思う。             

 

 

 

 

丸山穂高氏がCLP問題に言及「正月早々、立憲のブーメランが多すぎ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
東スポWeb

丸山穂高氏(東スポWeb)

中露の脅威「歴史に並べ」 なめられ、利用され、思い通りに動かされる日本 「第3次世界大戦の発火点はウクライナか、台湾か」 作家・ジャーナリスト、門田隆将氏

勝手に想像をしているが、中国の恒大と他の事が悪化をして習近平は矛先をかわす手段として台湾攻撃をするだろうと予想をしている。                習近平は香港が収拾がつかない事になってコロナを撒き散らかしたと確信をしている。                 ただアメリカは本当にお馬鹿な国だからどうなるんだろうと危惧をしている。     今年?来年?大統領選に向けて馬鹿大統領と間抜け候補達がお祭り騒ぎで外事のことなんかどっちゃでもいいような基地外のような宣伝合戦をやりだす。        アメリカの大統領選は半年ぐらいで決着をつけるべきだと老婆心だが言ってやりたい。                  3年ぐらい大統領選に没頭をして、子ブッシュみたいな世界でも稀なダメダメ大統領を選んでいる。              こんなのを選ぶぐらいなら、半年で決着をつけても同じだろうがと思ってしまう。  余程アメリカの大統領って暇を持て余しているのかなぁ~~~           お祭りが大大大大すきーー        ミサイル開発や追撃ミサイルの開発や戦闘機の開発、AIの開発にもっともっと研究者を動員をして開発をさせろーー!!!

 

 

 

 

 

中露の脅威「歴史に並べ」 なめられ、利用され、思い通りに動かされる日本 「第3次世界大戦の発火点はウクライナか、台湾か」 作家・ジャーナリスト、門田隆将氏

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
夕刊フジ

門田隆将氏

「『寒くないの?』の声かけだけで不審者扱い」世界一血が通わない国・日本で進行する孤立化という病

つい最近の出来事で、家にある要らない冷蔵庫や金物が欲しいと言って来た身なりも悪いが人相は「ねずみ男」をもっと気持ちを悪くした男性が家に訪ねてきた。         家には壊れた電気器具などがあり、取り外しが難しい室外機も数機あり、仲間3名でそれらを持って行った。             気味の悪い男女2名夫婦?ねずみ男の3名だ。                 気味の悪い夫婦?の女の方が非常に図々しく家の中を物色をして、何かを私が食べていると「何食べているの」と声色を変えて呉れというのだ。              可哀そうになったのであれこれと食べ物を上げたら、今度はねずみ男までこれもあれも呉れと言い出した。           その時に変な同情は私自身の身を亡ぼすと思った。

その2,3日後またねずみ男が家に訪ねてきて、あれこれ物色して、くれくれと言い出した。                   「600円しかお金が無い」とか「食用油を買いに行ったら100円で買えると思ったら100円では買えない」と執拗に言っていた。                 家の中を物色して回り本当に気味が悪かった。                  あれこれ欲しそうな事を言っていたが、無視をしていたら「これ頂戴」と言って持って行ってしまった。                帰り際に「また来るわ~」と言ったので、こんなのが来るのはまっぴらごめんだと思い「もう、来んでもいいわ」と言ったら、きょとんとした顔をして出て行った。    なんか恐いリアル妖怪に目をつけられてしまったようだ。               今後、こういう変な人達を家に入れたり、同情をするは止めようと固く思ったわ。 近所のおばあさんに少し親切にしたら、そのあと、うっとしいぐらいに話しかけられて困ったことがあった。        親切にするもんじゃないとその時も思った。                 人の好さを見せると、変な人達が群がって来るような気がする。                

 

 

 

 

「『寒くないの?』の声かけだけで不審者扱い」世界一血が通わない国・日本で進行する孤立化という病

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
プレジデントオンライン

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/ururu

 

■人に頼るより、人を恐れる社会になっていく  先日、こんなことも目撃した。  JR新橋駅のホームで、高齢の大柄な男性が体調悪そうに立っており、それを小柄で上品そうな同年代の奥さんが必死になって支えていた。今にも倒れそうな男性の横を大勢の人が気づかぬように、横切っていく。  見るに見かねて、声をかけると、奥さんは最初、「大丈夫ですから」とサポートを固辞された。「本当に大丈夫ですか」と私が畳みかけると、申し訳なさそうに、「(夫の)気分が悪いので、休ませたい」と言う。しかし、近くにベンチはない。私が片方の肩を持ち、何とか連れていけないかと考えていると、幸い、通りがかった中年の男性が、「私がおぶって運びますから」と助け船を出してくれた。ちょっと離れたベンチまで運んで、高齢男性を座らせたが、男性は本当に具合が悪そうだ。  「救急車を呼んだほうがいいかもしれませんよ」「ほかに何かできることはありませんか」と声をかけたが、奥さんはとにかく恐縮しきりで、「申し訳ありません」とひたすらに頭を下げて謝り、「お名前を教えてください」と私たちに何度も繰り返すばかり。まるで、助けを求めることが「迷惑」であり、すべてを自分たちで解決しなければと思い込んでいるかのような様子に、胸が締め付けられた。  2021年7~9月、JRを含む交通事業者83社合同で「声かけ・サポート」運動を展開した。だが、こうした啓発活動もむなしく、人々は「自己責任」「迷惑」という意識に縛られ、ちょっとしたSOSサインを出すこともためらう人がいる一方で、助けたくても「かえって迷惑かも」「お節介かな」「嫌がられるかな」などと遠慮して、声をかけられない人がいる。  職場では異性社員の容姿をほめてはいけない。結婚しているかどうかを聞いていけない。就活の面接では学生に好きな本を聞いてはいけない(「就職差別」につながる「不適切な質問」として厚生労働省が質問しないように指導している)……。昨日までは許された言動が、今日はご法度になっている。  どんどんと変わる「コミュニケーションの常識」になかなかついていけないから、口を閉じるしかない。特に、リスク回避志向の強い日本では、人付き合いがもはやリスクでしかないと、「人の断捨離」を推奨するなど、他人を遠ざける風潮も広がっているように感じる。  近所の付き合いも地域の縁も失われ、核家族化が進み、個のアトム化(孤立化)が加速する。人のつながりは希薄化し、他人との垣根は日に日に高くなっている。そして、人に頼るより、人を恐れる社会になっていく。  その結果として、日本では「他人恐怖症」の傾向が非常に強くなっている。ある調査によれば、「初めて会う人と話すこと」が苦手な人は63%にも上るという。  旅行サイトExpediaの調査で、機内で知らない人に話しかける割合は、日本人はたった15%で、堂々のワースト1位だった。トップのインド(60%)、メキシコ(59%)、ブラジル(51%)、タイ(47%)、スペイン(46%)と比べてもその差は歴然だ。  ちなみに日本以外の下位5カ国は、韓国(28%)、オーストリア(27%)、ドイツ(26%)、香港(24%)で、それでも日本とは、10ポイント近くの差があった。  一方で、機内の迷惑行為に対して、何も言わずに黙っていると答えた人の割合は、日本人では39%と、世界一「我慢強い」側面が浮かび上がった。

 

■「声をかけ合う、ちょっと話を聞いてあげる」それで人は幸せに  「人の健康や幸せを決定づける要因は食事でも、運動でもなく、実は人との関係性であり、心地よく安心できるつながりこそが人生の満足度を大きく高める」  ということは世界の多くの科学的研究から明らかになっている。孤独は、1日たばこ15本を吸う害悪に相当し、肥満やアルコール依存症の2倍、健康に悪いとされている。  虐待、貧困、いじめ、依存症、犯罪……。多くの社会的問題の根底には「孤独・孤立」という共通項がある。「孤独は美しい」などを美化する向きもあるが、そういう人は本当の「弧毒」の身を削ずるつらさを知らないのかもしれない。  家族や地縁、会社などという縛りの強いつながりが失われつつある中で、本来、社会的動物である人間(日本人)を救うのは、ちょっとしたおしゃべりのできる「弱い紐帯」というつながりなのかもしれない。  ちょっと声を掛け合う、ちょっと話を聞いてあげる、そんな関係性の中でも人は自分の存在を認められることで、十分に幸福感を感じることができる。  「他人」は毒にもなるが、薬にもなる存在だ。誰もが毒を恐れて、殻に閉じこもり、武装モードで固い殻を突き合わせてすり減らしあう社会はディストピアでしかない。殻を脱ぎ、心を許す関係性をつくることのできる場(コミュニティ)をどう作るのか。そして、人と人をつなぐ「コミュニケーション」という架け橋をどう築き上げるのか。  2つの「コミュ力」がこの世知辛い時代を生き抜く最強の「処世術」であり、日本社会再興のカギになるのではないだろうか。