「中国版リーマン・ショック」恒大集団の経営危機を防げなかった中国政府の事情

インチキ評論家やインチキ教授やインチキ物書きが中国や韓国はヤバいとか潰れれるとか1年に何度か言い出すが、そういう事を言い出してから何年経っているの?           前のブログに10年前ぐらいに、インチキ評論家やインチキ物書きやインチキ教授などが中国が潰れるって書いたり、言ったりしているけど、本当に潰れるの?と数回書いたことがある。            中国や韓国が潰れると言い出してから、中国は大発展をし、物まね名人の韓国も潰れていない。               マスゴミが政府よりも力を持っている日本の方が危ないとちゃうの。              独裁国家の中国が恒大を潰す時期を考慮をして潰したというのも読んだ。       中国には12の不動産屋があり、そのうちの3つが恒大と同じで出鱈目なことをしてると書いてあった。          中国の3つの出鱈目不動産屋もひとつずつ潰していくんじゃないの。。。      日本と違って独裁国家だから潰すとなったら早いわ~~~             今度は恒大みたいに大ぴらに潰すじゃなく、ひっそりと潰していくと思う。        

 

 

 

 

 

「中国版リーマン・ショック」恒大集団の経営危機を防げなかった中国政府の事情

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニューズウィーク日本版

<中国第2位の不動産開発企業が経営難に陥った問題は、中国経済の根源的な問題が表面化した一例に過ぎない>

湖北省で建設中の恒大集団のマンション LIU JUNFENGーVCG/GETTY IMAGES

中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

乾氏は今年の初めに記事を寄稿をしている。
中国を2度助けたと書いてあるが、もっとあると思う。
日本はアメリカにもリーマンの時や、クリントンの大統領選に多大なお金を
出しては助けている。
中国や韓国やロシアなどに多大なお金を密かに無償で融通をしても、日本にとって
国民が仲良くなるなどの得策なんか一つもなかった。
恩も義理も無い、超酷い国に日本は無償にお金を出していたのだ。
中国、韓国、ロシアの国民は裏切るのが得意の国民性を持っているように感じている。
こういう国は恐ろしいから表面上はなんとか取り繕って付き合っていくしかない。
絶対に物乞い国家のような国には援助をすべきではないのだーー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
年のはじめに

中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

大規模デモに参加する学生、市民ら=1989年5月、北京(共同)
大規模デモに参加する学生、市民ら=1989年5月、北京(共同)

 新年早々、くだらぬ話で恐縮だが、私はかなり濃厚な「親中派」だった。

 40年前、大学受験で選択した外国語は中国語だった。NHKラジオの中国語講座を熱心に聞き、元共産党員が先生をしていた市民講座に通った成果を誇示したいという若気の至りからである(英語が苦手だったからでもあるが)。

 当時、そんなばかげたことをした高校生はほとんどいなかったが、市民講座で配られた質素なテキストに載っていた「赤脚医生(最低限の医療知識で農村を巡回した医者。文化大革命時に毛沢東が奨励した)」の話は、今でも覚えている。

私は「親中派」だった

 いずれ中国は米国と肩を並べる大国になり、中国語をマスターすれば何かと得だ、という打算もあったが、幼稚な高校生の夢想をはるかに上回るスピードで中国は発展した。自由と民主主義とは無縁のディストピア(理想郷と対極の世界)になろうとは、想像だにしなかったが。

 夢想から目覚めさせてくれたのは、平成元年6月4日に起きた天安門事件である。中国共産党は、軍を出動させ、自由を求める市民や学生に容赦なく銃弾を撃ち込み、鎮圧した。犠牲者数はいまだ正確にはわかっていない。私は当時、就任間もない宇野宗佑首相の番記者として、一挙手一投足を追っていたが、事件について何も発信しない彼に大いに失望した。「この人は総理大臣に向いていない」と日記に書いた。

 

 それどころか、事件当日に外務省は、西側諸国が共同して制裁措置をとることに反対する文書を作成していたことが、先月公表された外交文書で明らかになった。7月に開かれたアルシュ・サミットでも日本は一貫して制裁を緩やかにしようと立ち回っていた実態も明確になった。

 ベルリンの壁が崩壊した後、東側諸国が次々とソ連のくびきから離れ、ソ連共産党一党独裁が終焉(しゅうえん)を迎えてから今年で30年。

 天安門事件を引き金として中国共産党による一党独裁体制が崩れていたとしても、何の不思議もなかった。そんな瀕死(ひんし)の共産党を救ったのが、日本だったのである。

 「中国を孤立化させてはいけない」を大義名分に、いちはやく経済協力を再開したのも日本だった。

歴史は繰り返すのか

 日本は戦時中も中国共産党を救っている。生前、毛沢東は訪中した日本の要人が「日本軍が中国を侵略して申し訳なかった」と判で押したように謝ったのに対し、いつもこのように答えたという。

 

 「申し訳ないことはない。日本軍国主義は中国に大きな利益をもたらした。皇軍がいなければ、われわれは政権を奪えなかった」

 少し説明が必要だろう。蒋介石率いる国民党軍に敗走し、延安まで落ちのびた毛沢東が息を吹き返したのは、日本軍が昭和12年に国民党軍と全面戦争に突入し、蒋介石国共合作に踏み切らざるを得なかったからだ。敗走に次ぐ敗走で2万5千人まで減っていた共産党軍は、8年後の終戦時には120万人にまで膨れあがり、後の国共内戦に打ち勝ったのである。ことに共産党軍に引き渡された日本軍の近代兵器が勝敗の帰趨(きすう)を左右したとの説もある。つまり、戦時中は軍部が、戦後は外務省が「中国共産党を助けた」のである。

 新型コロナウイルスによって世界は一変したが、中国・武漢で最初の感染爆発が起きた際、当局による情報隠蔽(いんぺい)が、パンデミック(世界的大流行)の引き金を引いたことを忘れてはならない。

 すべての個人情報を国家が管理し、自由を求める「危険人物」を容赦なく監獄や収容所にぶち込む。チベットウイグルでの弾圧が、香港でも公然と行われ始めた現実から日本政府も国会も目を背けている。

 

 いま再び、中国は西側諸国の「反中同盟」を切り崩そうと日本を懐柔しようとしている。手始めが、習近平国家主席国賓来日実現だ。

 日本は、瀕死の中国共産党を2度助けた。3度目は、絶対にあってはならない。もし習近平来日に賛成する政治家や官僚がいれば、それはまさしく「国賊」である。「親中派」の私が書くのだから間違いない。

世界同時株安 米欧投げ売り、日本にも波及

えらいこっちゃ~~            今日は朝から何となく忙しくてテレビを見ていられんかった。          テレビもバカの一つ覚えでコロナの事か、総裁選の事しか放送せんから、おそらく中国の恒大の破産なんか放送をしていないと思うわ~~~             日本のマスゴミアメリカの子ブッシュと同じかそれ以上の大馬鹿集団だから、明日の番組の中でほんの少し流すだけかもね。恒大の負債は33兆円だって・・・    凄くねぇ。              中国版リーマンショック恒大破産でソフトバンクが影響があると記事に書いてあった。                  最近の孫さんってちょっと変・・・     目利きが出来ない感じがする。      ゾゾタウンなんか魅力があるの?    ババアにはゾゾタウンの良さが判らんわ。

 

 

 

世界同時株安 米欧投げ売り、日本にも波及

中国の不動産大手「中国恒大集団」の経営危機に端を発した世界的な株価急落は、投資家が中国の不動産バブル崩壊による金融市場の混乱を懸念したことが背景にある。資金繰り懸念は以前から意識されてきたものの、米欧の金融機関も保有しているドル建て社債債務不履行(デフォルト)リスクが高まって混乱に火が付いた。中国経済が減速すれば海外需要に頼る日本にも影響が避けられない。

恒大は33兆円超とされる巨額の債務を抱えた「世界最大級の借金企業」(市場関係者)だ。中国経済を牽引(けんいん)してきた不動産産業で業界を代表する企業が破綻する事態になれば、財務基盤が弱い同業他社や下請け企業、取引銀行にも経営不安が広がり、金融システムにも影響が及ぶ恐れがある。

こうした懸念は春先から指摘されたが、今月23日以降、恒大が相次いで大規模な社債の利払い期限を迎えることで、デフォルト懸念が急速に強まった。米欧ではリスク選好の資産運用会社が恒大社債を大量に保有していると指摘され、金融株に加え低格付け債や暗号資産(仮想通貨)といったリスク資産を手放す動きが加速、安全資産とされる米国債に資金が流れ込んだ。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘チーフ投資ストラテジストによると、「ジャンク債」扱いだった恒大の社債を日本の金融機関が購入することは考えにくく、「国内への影響は限定的」だという。

ただ、中国でも新型コロナウイルスのデルタ株拡大で生産や消費が鈍化し始めた中、好調を保つ不動産投資が低迷すれば影響は大きい。21日の東京株式市場で中国企業に多額の投資をしているソフトバンクグループ株が大幅下落したのは、こうしたチャイナリスクが意識されたとみられ、対中輸出の減退などによる企業業績の悪化も懸念される。(田辺裕晶)

石原良純が総裁選立候補の野田聖子氏に「河野太郎さん潰しというか、1回目で決めないためだろう」

野田聖子が総裁選にどうして出るんだろうと思っていた。            絶対に勝ち目の無い選挙になぜ出るんだろうと思っていた。            良純の言っている事に納得がいった。    ぐちゃぐちゃにして、誰が得になるんだろう。                   岸も高市河野太郎も総裁選に意欲を持った顔をしている。           上記の3名は自分なりに意見をもって発言をしているのに、ひとりだけ浮かない顔して貧乏そうな顔して総裁選に出ているのが野田聖子だ。              超嫌いな石破や小泉進次郎河野太郎に付いたのが、河野太郎を押す気持ちが無くなった原因だ。             嫌な連中が河野太郎にくっついてきた。  石破や小泉進次郎は糞みたいで、使いようには肥料にもなることもあるが、迷路に入り込むと足を引っ張る事になる臭い連中だ。                  誰が総裁になるか判らんが、総裁になったら売国奴マスゴミが一斉に重箱の隅を楊枝でほじくるようなことに専念すると思われるので、売国奴マスゴミには本当に気を付けて頂きたい。            売国奴マスゴミを取りしまることが出来ないのかねぇーー            日本国や日本国民の利益や安全よりも、売国奴マスゴミは自分達の知名度や権力を示す事ばかりやりよる。          最低な売国奴マスゴミ集団

 

 

 

 

石原良純が総裁選立候補の野田聖子氏に「河野太郎さん潰しというか、1回目で決めないためだろう」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
東スポWeb

今回は「更新してシャットダウン」が出てもパソコンが使える・・・・こんな事は非常にまれな事

「更新してシャットダウン」が出て、なんともなく使えている。

なんでだーーー

今まで「更新してシャットダウン」をすると、何がしか不具合が起きて、

酷い時には毎日、毎日執拗に「更新してシャットダウン」が出たこともあった。

これが出るとパソコンが起動しないのだ。

パソコンに精通をしている人に直し方を教えて貰い、「更新をしてシャットダウン」が出るたびに教えてくれた直し方をやっていたが、マイクロソフトは1枚も2枚も1億倍ぐらいも上手(うわて)で今度は1日の内にパソコンを開くたびに「更新をしてシャットダウン」が出てきて次にパソコンを開くと起動をしない事が1日の中で何度もおきるようになった。

こういう戦いが数か月続き、

もう諦めて、根負けをして新しいパソコンを買うことにした。

それが今使っているパソコンだ。

これも初期設定のお金をケチったら、ズ~~~~と何度となく嫌がらせ?されて、

非常に使いにくかった。。。

次にパソコンを購入をしたら、初期設定はメーカー側やマイクロソフトの指定のやり方でやります!!!!!

こんなに嫌がらせをされるとは思わなかったわ。。。

 

 

 

「更新をしてシャットダウン」が出たので、パソコンが出来なくなるわ

更新をしてシャットダウンが出てきた。

これが出るとパソコンが出来なくなる。

Windows7では本当に泣かされた。

更新をしないとパソコンがシャットダウンが出来ない

システムになっており、強制的に更新をしなければいけない。

パソコンが使えなくなるのが判っていても、更新をしなければならない。

マイクロソフトって恐い会社だ。。。

人類は中国やロシアや北朝鮮アメリカのバカに滅亡されるかと思っていたら、

違うかもしれない。

今度は直せる自信が無い。

買わなければいけないかもしれない。

今度買ったら、お金が掛かってもマイクロソフトのやり方で初期設定をするつもりだ。。

パソコンの調子が悪くて使えなかった。

パソコンの調子が6月ごろから悪くなってきてこの10日間ぐらい使えなかった。

 

Windows7のときにWindows10にしろと毎日、毎日伝えてきたが、無視をしていたら、毎日、毎日強制的に更新しろと伝えてきて、更新をするとパソコンが使えなくなって、何か月もそういう事が続き、とうとう泣く泣くパソコンを買い替えた。

新しいパソコンは今度は初期設定の1万5千円を惜しみ、知り合いのパソコンに精通している人に初期設定をして貰った。

そしたら、買って1か月ぐらいでパソコンが使えなくなって富士通にパソコンを送ってもパソコンの調子が悪くて困った状態だった。

パソコンが富士通から返ってきても調子が悪く使える状態じゃ無かった。

富士通に5,6回もっともかも電話で指導してもらってなんとか使えるようになった。

始めは富士通のパソコンの性能が悪いと思っていたが、マイクロソフトが嫌がらせをしていたと今は思っている。

マイクロソフト富士通のパソコンの初期設定をしなかったから、マイクロソフトに嫌がらせをされたんじゃないかと思っている。

富士通のパソコンは良い性能だ。

マイクロソフトは本当に意地糞の悪い嫌な会社だわ~~~

ベトナム戦争に負けたのに懲りず、アフガン戦争に20年も費やす国の会社だけあって、嫌な会社だわ~~~

 

新しいパソコンを買うことに決めたのだが、壊れてもいいと思ってあっちこっちいじっていたら直ってしまった。

リセットというところがあったので、壊れてもいいと思ってそこをクリックをしたら、使えるようになった。。